JIRA 4.2 リリース ノート

2010-10-21 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA リリース ノート 翻訳

今回の記事は、JIRA 管理ドキュメント「JIRA 4.2 Release Notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

JIRA 4.2 の注目点

よく使用する操作およびワークフロー操作に関するダイアログ

課題をよりすばやく編集できるように、一般的な操作およびワークフロー操作に対して画面変更の代わりにポップアップ ダイアログが採用されました。

これにより、課題に関する操作の実行をダイアログ上で課題ナビゲーターから直接行えるようになりました。その課題を最初に開く必要はありません。また、課題マーカーは (キーボードから) 選択した課題を結果一覧に表示します。

キーボード ショートカットおよび “操作ダイアログ”

JIRA ユーザーはマウスを使うことなくより多くの操作を行えるようになりました。パワー ユーザーには最適です。

また、ヒントがダイアログ下部に表示され、その場でキーボード ショートカットを確認できます。

新しい “操作ダイアログ” により、(マウスの代わりに) キーボードから操作を実行可能です。ピリオド (“ドット”) キーを使用すると [操作] および [ワークフロー] メニューにアクセスできます。操作ダイアログは課題ナビゲーターから利用でき、個別の課題を表示している場合も同様です。

詳細については、「キーボード ショートカットの使用」を参照してください。

課題のラベル付け

ラベル プラグインの機能が JIRA 標準で使用できるようになりました。ラベル ダイアログは優れた新 UI を備えています。また、課題のラベルを更新した際の課題通知はオプションとなりました。

詳細については、「課題のラベル付け」を参照してください。

“課題の表示” 画面の改善

“課題の表示” 画面のルック アンド フィールがさらに改善されました。改善のいくつかは以下のとおりです。

  • 行間を狭めることで要素間の余白を減らしました
  • セクション見出しがより強調されました
  • “説明” フィールドが独立しました
  • 各カスタム フィールド間に水平分割ラインが挿入されました
  • 投票とウォッチャー フィールドが同じ行上に配置されました
  • ラベルが吹き出しとして表示されるようになりました

課題ビューを簡素化するために、個々のブロックを折りたたむことが可能になりました。また、表示状態 (つまり、どのブロックが展開/折りたたまれているか) は課題間で記憶されます。JIRA 4.1 での “課題の表示” 画面の更新に関する多くのフィードバックを反映して、”コメント” セクションの下部にコメントを追加できるようになりました。

バージョンおよびコンポーネントに関するオートコンプリート

コンポーネント、影響バージョン、および修正バージョンの編集をより迅速かつ簡単に行えるようになりました。これらのフィールドのいずれかに文字を入力すると、その入力した最初の数文字に一致するオプションの一覧がドロップダウン メニューに表示されます。

便宜上、バージョン一覧はリリース済みおよび未リリースカテゴリに分けられています。

日付または名前による添付ファイルの並べ替え

添付ファイルを日付または名前を元に昇順や降順に並べ替えることができるようになりました。

詳細については、「ファイルの添付」を参照してください。

ZIP 形式の添付ファイル内ファイルの表示

添付された ZIP ファイルを展開し、そのコンテンツを確認できるようになりました。サイズの大きい ZIP ファイルの場合、最初の 30 ファイルが表示されます。

詳細については、「ZIP 形式のファイルのコンテンツへのアクセス」を参照してください。

“作業の記録” の改善

課題を解決するときに作業を記録することで、手順を 1 つ省略できるようになりました。また、課題を解決するときに残余見積を 0 に設定できるようになりました。

課題でログの記録が開始された場合でも初期見積の編集ができるようになりました (ここには表示されていません)。

また、Wiki マークアップを使用して作業ログの説明を追加できるようになりました (ここには表示されていません)。

最後に、”作業の記録” フィールドを JIRA の任意の画面に追加できます (ここには表示されていません)。

詳細については、「課題の作業の記録」を参照してください。

課題ナビゲーターの改善

課題のルック アンド フィールに合うように課題ナビゲーターが更新されました。

その他の追加点 : キーボード ナビゲーションに関する課題マーカーおよび色の強調 (青)、マウス選択時の色の強調 (グレー)、検索フォームの折りたたみの切り替え

ダイアログ上で変更が加えられた場合、確認のため JIRA はその変更に関するフィードバックを表示します。

課題ナビゲーターでの “フィルター” ガジェットの作成

検索結果を表示する際、”表示” メニューからダッシュボード上に “フィルター結果” ガジェットをすばやく追加できます。

ユーザー アバターおよびホバー プロファイル

JIRA ユーザーはプロファイルにアバターを追加できるようになりました。ユーザーの名前の上にマウスを重ねると、そのユーザーの情報が表示されます。この機能が利用できるのは、課題の表示中、課題ナビゲーターの使用中、プロジェクトの閲覧中、アクティビティの表示中、ユーザー プロファイルの表示中、およびいくつかの管理タスクの実行中です。

詳細については、「ユーザー アバターおよびホバー プロファイルの追加」を参照してください。

新しい JQL 機能

projectsLeadBy および componentsLeadBy に関する JQL 機能が追加されました。コンポーネントまたはプロジェクトのリーダーである特定のユーザーのすべての課題を検索する場合に便利です。

詳細については、「高度な検索」を参照してください。

その他の改善と不具合解消

Firefox または IE を使用している場合、お使いのブラウザーの検索ボックスを使用して JIRA 課題を検索できるようになりました。お使いの JIRA サイトを検索エンジン/プロバイダーとして追加するだけです。これはブラウザーの検索ボックス横にあるドロップダウン メニューから行えます。この機能が利用できる理由は、JIRA が OpenSearch 標準の自動検出をサポートしているためです。

4.2 で解決された不具合の全一覧は こちら から確認できます。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ