JIRA 4.2.2 アップグレード ノート

2011-01-06 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA アップグレード ノート 翻訳

今回の記事は、JIRA 管理ドキュメント「JIRA 4.2.2 Upgrade Guide 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2011 年 01 月 04 日

JIRA 4.2 もしくは 4.2.1 から 4.2.2 へのアップグレード

JIRA のアップグレードに関する一般ガイド 」に従ってください。また、以下の点にご注意ください。

ファイル名への変更

JIRA をダウンロードする際、ファイル名にビルド番号が含まれていることに注意してください。例えば、ファイル名 “atlassian-jira-enterprise-4.2.1-b588-windows-installer.exe” における “b588” がこれに相当します。このことが JIRA のデイレクトリ構造やアップグレード処理に影響を及ぼすことはありません。

ビルド番号を含めることは、Maven に展開される JIRA のアイテム名、および JIRA POM 内で指定されるバージョンにも適用されます。

“JIRA ユーザー” グローバル権限への変更

“JIRA システム管理者” グローバル権限を持つグループが “JIRA ユーザー” グローバル権限も同時に取得することができなくなったことに注意してください (「グローバル権限の管理 」参照)。その理由ですが、新たに作成されたユーザーは “JIRA ユーザー” 権限を持つグループに自動的に追加されるため、”JIRA システム管理者” グローバル権限を新規ユーザーに自動的に与えることはセキュリティ上好ましくないからためです。

JIRA 4.1.x 以前 からのアップグレード

上記に加え、「JIRA 4.2 アップグレード ノート 」、ならびにアップグレードを省略した各バージョンの アップグレード ガイド をお読みください。 アップグレード ガイドの一覧は こちら です。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ