Confluence 4.0 エディター用クイック リファレンス ガイド

2011-09-29 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Confluence 翻訳

今回の記事は、「Quick Reference Guide for the Confluence Editor 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

このページは Confluence 4.0 のエディターを使用するためのクイック リファレンス ガイドです。あらゆるショートカット キーやオートコンプリート機能、ツールバー オプションを詳細に説明するのではなく、エディターの機能に関する十分な情報を提供して皆様にお試しいただくことを目的としています。

このガイドはエディターが提供するオートコンプリート、自動書式設定、およびキーボード ショートカットを使用したい方たちを対象としています。ツールバー オプションの使用に関心がある場合は、エディター自身が非常に分かりやすい作りになっているためそのままお試しください。

基本的なヒント

  1. Confluence 4.0 のエディターを使ってコンテンツを作成してみましょう。新しいエディターのツールバーにはコンテンツの作成と編集に必要な最も重要なボタン群が含まれています。
  2. 非常に使いやすくなったキーボード ショートカットを使ってみましょう。以下のキーをエディターに入力してみてください。
    • [ (角かっこ) を入力するとリンクを挿入できます。
    • ! (感嘆符) を入力すると画像やその他のメディアを挿入できます。
    • { (中かっこ) を入力するとマクロを挿入できます。これらのコントロールにはオートコンプリートが作動し、入力を完了するための候補の一覧が表示されます。詳細については、エディター ツールバーのヘルプ アイコン をクリックしてキーボード ショートカットの一覧を参照してください。
  3. オートコンプリートおよび自動書式設定の操作はやり直すことができます。オートコンプリートまたは自動書式設定により行われた操作を元に戻すには、キーボードの Backspace キーを押します。または、Ctrl+Z (Windows) もしくは Cmd+Z (Mac) を押します。

入門編の動画

基本的なエディターの改善点を紹介する以下の短い動画をご覧ください。

よく使用される書式と機能の使用

よく使用されるエディターの機能および関連するキーボード ショートカットの一覧を以下に示します。

テキストの書式設定

テキストの書式設定 使用方法 Windows キーボード ショートカット (Mac OS X の場合は “Ctrl” を “Cmd” で置き換え)
見出しレベル 見出しレベルとピリオドを入力します。自動書式設定により即座に適切な見出しに変換されます。すぐに見出しテキストの入力を続けることができます。例 : h2. Ctrl + 1 から 6
太字 アスタリスク ‘*’、テキスト、別のアスタリスクと入力します。Confluence の自動書式設定により即座にテキストが太字に変換されます。例 : *Surf's Up* Ctrl + b
斜体 アンダースコア ‘_’、テキスト、別のアンダースコアと入力します。Confluence の自動書式設定により即座にテキストが斜体に変換されます。例 : _Surf's Up_ Ctrl + i
下線付きテキスト プラス記号 ‘+’、テキスト、別のプラス記号 ‘+’ と入力します。Confluence の自動書式設定により即座にテキストが下線付きに変換されます。例 : +Surf's Up+ Ctrl + u
等幅テキスト 中かっこ 2 つ {{、テキスト、別の中かっこ 2 つ }} と入力します。Confluence の自動書式設定により即座にテキストが等幅テキストに変換されます。例 : {{Surf's Up}} {{
左、中央、右揃え エディター ツールバーの左、中央、右揃えボタンをクリックします。 なし
インデント エディター ツールバーの左および右のインデント ボタンをクリックします。 Tab ()、Shift + Tab ()
引用 ‘引用 (Quote)’ スタイルを使用します。スタイルのドロップダウン メニューから [引用 (Quote)] を選択するか、またはキーボード ショートカットを使用します。例 : Ctrl + 8
エディター ツールバーの色オプションをクリックします。例 : なし

記号の使用

記号と絵文字の追加 入力する文字列 キーボード ショートカット (Windows)
チェック マーク 丸かっこ内にスラッシュを入力します。オートコンプリートにより入力すると同時に変換されます。例 : (/) ( + / + )
スマイル 顔文字のスマイルで全世界的に認識されているマークアップ (コロン+丸かっこ)、ウィンク (セミコロン+丸かっこ) などを入力します。オートコンプリートにより入力すると同時に変換されます。例 : :) : + )

テキストのリンク

テキストのリンク 入力文字列 キーボード ショートカット (Windows)
Confluence ページへのリンク作成 角かっこ ‘[‘ を入力してページ名を入力し始めると、リンク先の候補ページが表示されます。矢印キーを押して目的のページを選択します。例 : [
Web ページへのテキストのリンク作成 角かっこ ‘[‘ を入力して [Web リンクの挿入 (Insert Web Link)] を選択し、URL をリンク ダイアログに貼り付けます。例 : [
まだ存在しないページへのリンク作成 角かっこ ‘[‘ 、存在しないページの名前の順に入力し、[リンクを挿入してページを作成 (Insert Link to Create Page)] を選択します。例 : [
添付ファイルへのリンク作成 角かっこ ‘[‘ を入力して添付ファイル名を入力し始めると、リンク先候補の添付ファイルが表示されます。矢印キーを押して目的の項目を選択します。例 : [

リストの使用

リストの使用 入力文字列 キーボード ショートカット (Windows)
箇条書きリストの追加 アスタリスク ‘*’ の次にスペースを入力します。自動書式設定により行が箇条書きリストに変換されます。すばやくテキストの入力を続けることができます。例 : Info 新しいリスト項目を作成せずにテキストの別の行をエントリに追加するには、行の最後で Shift + Enter を押します。 Ctrl + Shift + b
番号付きリストの追加 ハッシュ ‘#’ の次にスペースを入力します。自動書式設定により行が番号付きリストに変換されます。すばやくテキストの入力を続けることができます。例 : Info 新しいリスト項目を作成せずにテキストの別の行をエントリに追加するには、行の最後で Shift + Enter を押します。 Ctrl + Shift + n

表の使用

表の使用 入力文字列 キーボード ショートカット (Windows)
表の追加 一連のパイプ文字 ‘|’ の次に Enterを入力します。自動書式設定によりパイプが表に変換されます。たとえば、列が 3 つの表を作成するには、以下のようにします。 |||| なし

マクロの使用

マクロの追加 入力文字列 キーボード ショートカット (Windows)
ページへのマクロの追加 {‘ を入力してマクロ名を入力し始めると、テキストに一致したマクロの一覧が表示されます。矢印キーを押して目的のマクロを選択します。例 : {

画像とマルチメディアの表示

画像の表示 入力文字列 キーボード ショートカット (Windows)
ページに添付されている画像の表示 感嘆符 ‘!‘ を入力して画像名を入力し始めると、ページに挿入する画像候補が表示されます。矢印キーを押して目的の項目を選択します。例 : !
別のページに添付されている画像の表示 同じページに画像を添付する場合と同じ操作です。 !
マルチメディア ファイルの埋め込み 入力文字列 キーボード ショートカット (Windows)
ページへの動画または音声ファイルの埋め込み 感嘆符 ‘!‘ を入力し、[その他のメディアの挿入 (Insert Other Media)] を選択します。例 : または、’{‘ を入力してマクロ名 ‘Multimedia’ を入力し始めます。例 : !

Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ