管理者にもっと愛を – Confluence 4.3 での 3 つのユーザー管理機能の改善

2012-07-30 (Mon)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  Confluence 翻訳

Confluence 4.3 に関するアトラシアン ブログ「More Admin Love – 3 User Management Improvements Coming in Confluence 4.3 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

Confluence の次のリリース は Confluence の歴史の中で最大のリリースの 1 つとなることをお約束します。私はマーケティングの人間ですが、これは冗談ではありません。ユーザーがリッチなコンテンツを作成しやすくする エディターの改善点 については Ryan が既にご紹介しました。管理者への愛はどこに行った? と思われるかもしれません。忘れてはいませんよ、ご心配なく。

Confluence 4.2 では Confluence に参加するための 新規ユーザーの招待 機能が追加されましたが、そこで終わりではありません。4.3 では管理者の作業を格段に楽にする 3 つの優れた機能が追加されます。

1. 新規ユーザーに暖かい歓迎を

Confluence 4.3 では新規ユーザーにアカウント情報を自動的に通知できるため、自分で知らせる必要がなくなります。

新規ユーザーへの自動通知

そういえば、新しい Confluence アカウントをもらった人が自分のパスワードを簡単に設定できるようになったって言いましたっけ?実はそうなのです。 :)

簡単なパスワード リセット

2. さらに簡単になったユーザー招待

Confluence 4.2 での簡単なユーザー招待 をさらに改善し、独自の招待メールを送信できる機能を追加しました。Confluence の定型文が気に入らない場合は、自分の言葉で招待文を作成できます。

ユーザーのカスタム招待メール

3. ドメイン限定のセキュアなサインアップ

管理設定が新しく追加され、企業ドメインを持つユーザーが Confluence にサインアップできるようになりました。社内の人や社外の関係者が、管理者の手を煩わせることなく Confluence のアカウントを作成できます。これと Confluence 4.2.6 で追加された 既定のスペース権限設定 を組み合わせると、新しいアカウント要請の管理の手間を減らすことができます。

セキュアなサインアップ

ドメイン限定のサインアップを有効にすると、会社の同僚がインスタンスのログイン画面から簡単に新規アカウントを作成できるようになります。これは嬉しいですね。

サインアップが簡単に

新しいサインアップが本物であることを Confluence が確認してくれるため安心です。

セキュアなサインアップの確認

まだまだこれで終わりではありません

Confluence 4.3 の改善点はこれだけではありません。次週は Ryan が 243 票に相当する 2 つの改善点についてお伝えします。スペースや添付ファイルが多いインスタンスの管理に関するものです。Confluence 4.3 をどうぞお楽しみに!


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ