JIRA Software 7.0.x リリース ノート

2015-10-06 (Tue)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA Software リリース ノート 翻訳

今回の記事は、JIRA Software 管理ドキュメント「JIRA Software 7.0.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

JIRA Software は、JIRA Agile のすべてのアジャイル機能をソフトウェア チーム向けの専用ソフトウェアとしてまとめたものです。開発者ツールの統合、柔軟なスクラムおよびカンバン ボード、さらに JIRA の黎明期からの支柱である強力な優先度付けとワークフロー機能により、JIRA Software はソフトウェア開発サイクルのあらゆるステップで有用な機能を提供します。また、JIRA Software にはチームの作業に合わせて新しくサイドバーが追加され、各開発段階 – 計画、追跡、リリース、およびレポート作成 – がクリック 1 つで行えるようになりました。

JIRA Software はアジャイル チームが愛用するソフトウェア開発ツールであり、チームは最高の状態でかつてなく素早くワールドクラスのソフトウェアを構築できます。そしてこれはまだ始まりにすぎません。JIRA Software の進化に伴い、このソフトウェア チーム向けの専用環境がソフトウェア開発サイクルにおいてさらなる機能向上と改善を生み出す土壌となります。

Jason Wong (JIRA Software 製品マネージャー)

v7.0.10 – 2016/01/27

これは小規模な機能改善とバグ修正を含むマイナー リリースです。本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.0.9 – 2016/01/20

このリリースでは組み込みの診断とリンク ステータス表示が加わり、アプリケーション リンク機能が全体的に見直されました。統合の状態を確認したり、リンク切れなどがあった場合に解決に必要なトラブルシューティング情報を簡単に得ることができます。アプリケーション リンク診断の詳細については、こちら を参照してください。

この機能は、OAuth 認証を使用する Atlassian Server アプリケーションで現在利用できます。アプリケーション リンク診断ツールを使用するには、システム管理者である必要があります。

このリリースには他の改善点やバグ修正はありません。

v7.0.7 – 2016/01/08 – キャンセル済みで 7.0.9 に置き換え

MySQL をご利用の場合

JIRA データベースに MySQL をご利用の場合は、JIRA に障害が発生するためこのリリースに アップグレードしないでください。次回リリースでこの問題を解決する予定です。詳細については、課題 JRA-59299 を参照してください。

v7.0.5 – 2015/12/17

これは小規模な機能改善とバグ修正を含むマイナー リリースです。本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.0.4 – 2015/12/05

これは小規模な機能改善とバグ修正を含むマイナー リリースです。v7.0.3 に置き換わるリリースです。

JIRA Software v7.0.4 にアップグレードする場合は、以下の改善点と修正が適用されます。

JIRA Core v7.0.4 にアップグレードする場合は (JIRA Software のインストーラーをダウンロード)、以下の改善点と修正が適用されます。

v7.0.2 – 2015/11/18

これは小規模な機能改善とバグ修正を含むマイナー リリースです。なお、7.0.1 は一般向けのリリースではありません。本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.0.0 – 2015/10/06

Atlassian JIRA Software チームより、JIRA Software 7.0.0 のリリースをお知らせします。このリリースはソフトウェア チーム向けの機能向上に特化した大規模な更新と修正が含まれています。有効な JIRA Software 保守契約をお持ちのお客様には、JIRA または JIRA+JIRA Agile から JIRA Software へのアップグレードは無料です。

このリリースの更新内容

プロジェクトの共有設定

プロジェクトを作成すると、既存のプロジェクトの設定を新しいプロジェクトと共有できます。

共有設定には以下が含まれます。

  • 課題タイプ スキーム
  • 課題タイプ画面スキーム
  • フィールド設定スキーム
  • ワークフロー スキーム
  • 権限スキーム
  • 通知スキーム
  • 課題セキュリティ スキーム

プロジェクト サイドバー

JIRA 6.4 で予告したプロジェクト サイドバーが実装されました。この新しいナビゲーション機能は、プロジェクトで必要なものを簡単に見つけることができるよう開発されました。さらに JIRA Agile を使用している場合は、ワンクリックでバックログ、スプリント、およびレポートにアクセスできます。JIRA Agile で以前にサイドバーを使用したことがある場合は、シンプルなバージョンにもかかわらず複数のプロジェクトを含むプロジェクト間ボードにもプロジェクト サイドバーが追加されていることを確認できると思います。

プロジェクト テンプレートへの変更

プロジェクト作成時に使用されるプロジェクト テンプレートにいくつかの変更を加えました。一部のテンプレートは新しい名前とアイコンで更新されました。また、課題の作成時に使用される既定の課題タイプも導入しました (別の課題タイプを選択するまで有効)。以下の変更点を参照してください。

新しいプロジェクト テンプレート : “基本ソフトウェア開発”

ワークフロー
課題タイプ
  • バグ、タスク、サブタスク、改善、新機能、エピック
  • 既定の課題タイプ : バグ

更新されたプロジェクト テンプレート

アジャイル ソフトウェア開発 – スクラム
  • “スクラム ソフトウェア開発” に名前変更
  • 既定の課題タイプ : “ストーリー”
アジャイル ソフトウェア開発 – カンバン
  • “カンバン ソフトウェア開発” に名前変更
  • 既定の課題タイプ : “ストーリー”
ソフトウェア開発
  • このプロジェクト テンプレートは削除されました。

メールによる課題作成機能の変更

以前のバージョンの JIRA では、JIRA ユーザー グローバル権限 を持たないユーザーは JIRA にログインできませんでしたが、プロジェクトの課題作成権限を持つグループに属している場合は JIRA メール ハンドラーがセットアップされている場合に限りメールで課題を作成できました。

JIRA Software では課題の作成方法にかかわらず、課題の作成には JIRA インスタンスへのアプリケーション アクセスが必要です。これは以下を意味します。

  • アプリケーション アクセスがない場合は JIRA メール ハンドラー経由で課題を作成することはできません。また、
  • アプリケーション アクセスを持つ新しいユーザー アカウントを作成するために JIRA メール ハンドラーはセットアップされません。

Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ