JIRA Core 7.1.x リリース ノート

2016-02-11 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA Core リリース ノート 翻訳

今回の記事は、JIRA Core 管理ドキュメント「JIRA Core 7.1.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

Atlassian より JIRA Core 7.1 のリリースをお知らせいたします。JIRA Core はチームの作業をスムーズに進めるための専用アプリケーションです。

2015 年 10 月に JIRA Core がリリースされて以来、弊社では JIRA Core の使用感を改善すべく試行錯誤を重ねてきました。プロジェクト サイドバーを導入したときに始めた一大プロジェクトは終わりを迎え、プロジェクト課題の詳細ビューを導入するに至りました。JIRA Core がユーザーの皆様にとって使いやすいものとなるよう尽力した結果、より早く効率的に既存の課題からリンク課題を新規作成できるようになりました。 また、弊社は JIRA Core の管理機能の改善にも注力しました。このリリースではバージョン ページが簡素化され、使用感と機能を高めるために JIRA のプラットフォームにも微調整を加えました (詳細については JIRA 7.1.x プラットフォーム リリース ノート を参照してください)。

弊社は常に皆様のフィードバックに耳を傾けています。リクエストの多いいくつかの機能については、実装に向けて現在作業を進めています。あまり多くを語ることはできませんが、ヒントを 1 つだけお教えします。チームが作業を視覚化できるようにする機能の実装を現在進めています。今後のリリースをお楽しみに!

Daniel Franz (JIRA Core 製品マネージャー)

v7.1.7 – 2016/05/18

本リリースは、マイナーな機能改善と不具合修正が含まれています。

本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.1.6 – 2016/05/05

本リリースには、Analytics へのアップデートが含まれます。このアップデートにより、Atlassian はユーザーに対して JIRA アプリケーション エクスペリエンスに関するネット プロモーター スコア (NPS) 調査および簡単なアンケートを表示できるようになります。本リリースを初めてインストールした場合、Analytics のアップデートに関する説明が表示されます。そして、この機能を有効にするか、無効にするかを決定できます。後でこの機能を有効または無効にする場合は、歯車アイコン () から [システム] オプションを選択し、次にサイドバー上の [詳細] セクションから [Analytics] を選択します。弊社が収集するフィードバックは、すべての弊社顧客のユーザー エクスペリエンスの向上に役立てられます。

本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.1.5 – 2016/04/22 (キャンセル済み)

MySQL および Microsoft SQL Server データベースに影響する不具合のため、本リリースはキャンセルされています。弊社は次期リリースでこの問題を解決できるように取り組んでいます。この不具合の詳細については、「JRA-60729 – Upgrading JIRA to 7.1.5 breaks due to incorrect syntax in ALTER SQL 」を参照してください。

この不具合の影響を受けるのは、Microsoft SQL Server および MySQL データベースを使用している場合のみです。これらデータベースをいずれも使用していない場合は、この不具合の影響を受けません。さらなるヘルプが必要な場合は、https://support.atlassian.com にお問い合わせください。

本リリースには、Analytics へのアップデートが含まれます。このアップデートにより、Atlassian はユーザーに対して JIRA アプリケーション エクスペリエンスに関するネット プロモーター スコア (NPS) 調査および簡単なアンケートを表示できるようになります。本リリースを初めてインストールした場合、Analytics のアップデートに関する説明が表示されます。そして、この機能を有効にするか、無効にするかを決定できます。後でこの機能を有効または無効にする場合は、歯車アイコン () から [システム] オプションを選択し、次にサイドバー上の [詳細] セクションから [Analytics] を選択します。弊社が収集するフィードバックは、すべての弊社顧客のユーザー エクスペリエンスの向上に役立てられます。

本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.1.4 – 2016/04/06

これはマイナーな機能改善および不具合修正リリースです。本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.1.2 – 2016/03/15

これはマイナーな機能改善および不具合修正リリースです。本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.1.1 – 2016/03/02

これはマイナーな機能改善および不具合修正リリースです。本リリースで解決した課題の一覧については、以下のリンク先を参照してください。

v7.1.0 – 2016/02/11

Atlassian JIRA Core チームより JIRA Core 7.1 のリリースをお知らせします。数多くの特徴や機能の改善が施されており、その変更点は以下のとおりです。

変更点

プロジェクト課題ビュー

JIRA Core の新しい “プロジェクト課題ビュー” は、プロジェクト内のすべての課題に対して拡張されたビューを提供します。課題上の展開アイコンもしくは課題へのリンクをクリックすると…

閲覧対象となる課題は、以下のとおり表示されます。

この新しいビューは通常の課題ビューをまったく同じ動作をします (例 : キーボード ショートカット、ページネーション、インライン編集、その他)。しかし、プロジェクト サイドバーを表示した状態でより多くの作業スペースを確保できます。

リンクされた課題の新規作成

今までに課題をエスカレーションしたり、他チーム向けに作成した課題から自分の元課題へのリンクを作成したことはありませんか? 新規に導入された “リンクされた課題の新規作成” 機能を利用することで、他プロジェクトの課題を作成し、さらにその課題から自分の元課題へのリンクを作成できます。必要に応じて追加の課題へのリンクを作成したり、添付ファイルとリンクを複製するかを選択したりすることも可能です。つまり、すべての関連情報がリンク先の新規課題で利用できます。また、要約と説明も複製されます。しかし、保存する前にそれらを編集できるため、必要な情報をすべて確実に含めることができます。この機能を確認するためには、ビジネス プロジェクトの課題を表示し、[その他] ドロップダウン メニューから [リンクされた課題の新規作成] を選択します。

例えば、あなたが人事部で働いていると仮定します。新人の Alistair に関する課題があり、彼に椅子を発注することになりました。これからは、リンクされた課題を備品プロジェクト内に簡単に作成できます。また、すべての情報は正確です。このようにして、椅子発注のプロセスを追跡するための新規課題に対しリンクを簡単に作成できます。

バージョンの閲覧

(JIRA Core の) [バージョン] ページ上にあったクイック フィルター選択ドロップダウンが削除され、その場所に “付箋” ラベルが常に表示されるようになりました。これにより、リリース済みのバージョンやリリース前のバージョンですばやくフィルタリングできます。また、検索バーも改善されています。

セキュリティ レベルの編集

セキュリティ レベルが更新され、編集可能になりました。待望の 機能改善リクエスト がついにクローズされました。

添付ファイルのプレビュー

添付ファイルのプレビューがより簡単になりました。また、PDF 形式の添付ファイルをプレビューする際、それらを先にダウンロードする必要がなくなりました。

サブタスクの一括編集

課題の一括編集がより強力になりました。サブタスクを課題へ変換する際や課題をサブタスクへ変換する際、より多くのオプションを選択できます。

不具合の改善

以下のリンク先を参照してください。

管理者向けの変更

JIRA Core インスタンスの管理者の方は、JIRA 7.1.x プラットフォーム リリース ノート を必ず参照してください。JIRA の管理に関する数多くの新機能と改善が導入されています。これらはすべて JIRA Core 7.1.0 に影響があります。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ