Bitbucket Server における Objective-C コードの取り扱いに関する不具合

2016-03-11 (Fri)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  Bitbucket

Bitbucket Server が管理する Git リポジトリへファイルの拡張子 .m を持つ Object-C ファイルをプッシュすると、Bitbucket Server 上でそのファイルの差分が正しく表示されない場合があります。例えば、Xcode 上で以下のコードを作成したとします (ファイル拡張子は .m)。

//
//  Words
//  Words
//
//  Words
//  Words ©
//

このファイルを Bitbucket Server が管理する Git リポジトリにプッシュすると、以下の場合でソース コードが正しく表示されないことがあります。

  • [ソース表示] 画面
  • [以前との相違] 画面

この現象が起こる原因ですが、Bitbucket Server が拡張子 .m を持つファイルを Mathematica のコードと認識することが理由です。Bitbucket Server に対し、この拡張子を持つファイルを Object-C のソース コードとして認識させるためには、以下の手順をお試しください。

  1. Bitbucket Server を停止する
  2. {BITBUCKET_HOME}/shared ディレクトリにある bitbucket.properties に以下のプロパティーを追加する
  3. syntax.highlighter.text/x-objectivec.extensions=m
    
  4. Bitbucket Server を再始動する

参考


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ