Bitbucket Server 5.4 リリース ノート

2017-09-21 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Bitbucket リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Bitbucket 管理ドキュメント「Bitbucket Server 5.4 release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2017 年 09 月 19 日

以前のバージョンからアップグレードを行う場合は、「Bitbucket Server upgrade guide 」を参照してください。「End of support announcements for Bitbucket Server 」を必ず確認してください。また、「API Changelog 」に記載されている変更も確認してください。

Bitbucket 5.4 の変更ログは、このページの最後にあります。

Web フックが利用可能に

Bitbucket Server 用の Web フックを使用してお好みのツールと統合できるようになりました。5.4 で利用可能です。

あらゆる種類のイベントに関する Web フックを作成できます。以下はその一例です。

  • Repo push
  • Repo modified
  • Pull request opened, merged, declined, or deleted
  • Pull request status approved、unapproved、または needs-work
  • Commit comments added、deleted、または edited
  • Repository modified

Web フックを使用することでアプリケーションと Bitbucket Server とを統合できます。以下はその一例です。

  • ユーザーがリポジトリにコミットをプッシュするたびに CI サーバーに通知を送り、ビルドを開始する。
  • ユーザーがコミットをプッシュしたり、プル リクエストを作成するたびにアプリケーション上に通知を表示する。

Bitbucket Server 用 Web フックの詳細については、「Managing webhooks in Bitbucket Server 」を参照してください。

リポジトリへの貢献がより簡単に

貢献に関するガイドラインを含むマークダウン ファイルをリポジトリに追加できるようになりました。クローン ダイアログ、プル リクエストの作成画面、ならびにプル リクエストの閲覧画面には、このファイルへのリンクが自動的に表示されます。

詳細については、「Creating a Contributions guidelines file 」を参照してください。

アトラシアン トラブルシューティング & サポート ツール

サポート ツール プラグインの名称が Atlassian Troubleshooting and Support tool (ATST) に変更されました。引き続き ATST は Bitbucket (Server) 管理コンソールの [サポート] オプションの下にあります。

変更ログ

このセクションは、Bitbucket Server 5.4 のマイナー リリースが公開されるごとにそのリリースに関する情報が記載されます。これらリリースは 有効な Bitbucket Server ソフトウェア メンテナンス をお持ちのすべてのユーザーは無料で利用できます。

以前のバージョンからアップグレードを行う場合は、「Bitbucket Server upgrade guide 」を参照してください。

以下に記載されている課題は、Bitbucket Server 5.4.x リリースで解決したすべての課題の注目点を投票順に並べたものです。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ