ConnectALL による Microsoft TFS と Microsoft Project Server の統合

2017-09-27 (Wed)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  ConnectALL 翻訳

今回の記事は、ゴーツーグループ ブログ (英語版)「ConnectALL Integrates Microsoft TFS and Project Server 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

マイクロソフトは Microsoft Project Server と Team Foundation Server 17 (TFS 2017) の統合のサポートしていません。例えば、プロジェクト マネージャーが TFS エンジニアからの実際の時間ログをプロジェクト計画に自動で取り込みたいと仮定します。しかし、TFS 2017 以降のバージョンではこの機能をサポートしていません。幸いなことに Go2Group ConnectALL はこの問題を解決します。

ConnectALL Integration Platform は、TFS と Project Server を自動で統合します。ConnectALL を使用することで、TFS 2017 と Project Server 間でデータの共有を容易に行えます。マイクロソフトのパートナーである弊社が開発した ConnectALL は、さまざまな種類のツールの統合も実現します。

さらに嬉しいことには、マイクロソフトが代替案として言及している他ツールとは異なり、ConnectALL のアーキテクチャ、技術、およびシンプルなライセンス体系は、購入の容易さ、インストールの容易さ、さらには操作の容易さのすべてを実現しています。ConnectALL は厳格なエンタープライズの管理要件を満たします。TFS 2017、Project Server、または Project Online を使用している場合、他の組織や部署が使用しているさまざまなツールと簡単に統合できます。例え開発ツールが複数であったり、開発拠点が複数であっても、ConnectALL を使用することで開発、管理、計画、テスト、オペレーション、DevOps やアジャイル開発のその他タスクに関してチームはコラボレーションを行えます。

ConnectALL や弊社サービスの詳細については、弊社に お問い合わせください

この問題の詳細については、「Synchronize TFS with Project Server, third-party support 」を参照してください。このドキュメントでは、本件について解説、ならびにこの統合をサポートするサードパーティ製ソリューションの使用を提案しています。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ