JIRA Service Desk 3.8.x リリース ノート

2017-09-06 (Wed)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA Service Desk リリース ノート 翻訳

今回の記事は、JIRA Service Desk 管理ドキュメント「JIRA Service Desk 3.8.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2017 年 09 月 06 日

Atlassian JIRA Service Desk チームから JIRA Service Desk 3.8.1 のリリースをお知らせします。

今回のリリースにおいて、弊社は小さな改善をいくつか行いました。また、バグを修正することで JIRA Service Desk のエクスペリエンス全般の改善に努めてきました。

それ以外にも、既存プロジェクトからの SLA のインポート機能が追加されています。この機能により、新規プロジェクトで使用する SLA を再作成するための時間を節約できます。

参考までに、最近 (2 日前ですが)、JIRA Service Desk 3.7.0 がリリースされています。このリリースには、既定の応答 (Canned Responses) と呼ばれる新機能が実装されています。今回の JIRA Service Desk リリースにもその機能は含まれています。

あなたのコメントと提案なしに JIRA Service Desk の改善を続けることはできません。弊社の JIRA インスタンス にコメントや提案を直接お気軽にお送りください。

JIRA Service Desk 3.8.1 をお楽しみいただけることを期待しています。

関連製品の JIRA Software や JIRA Core のリリース ノートをお探しですか?

SLA のインポート

新規プロジェクトを作成する必要があり、かつ、既存プロジェクトを基にしたいと仮定します。プロジェクトを作成する際、既存の設定を使用できましたが、既存の SLA は使えませんでした。今回、それら既存の SLA を直接新規プロジェクトにインポートできるようになりました。

新規プロジェクトに移動し、プロジェクト設定にアクセスします。その後、[SLA] メニューから [SLA 設定のインポート] オプションを選択します。

課題リンクに関するイベント

待望の、課題リンクの作成/削除イベント が追加されました。プラグインを構築する際にこれらを使用できます。また、課題リンクへの変更情報を取得するための Webhook を作成する際に使用できます。プラグインを構築する際にこれらを使用できます。また、課題リンクへの変更情報を取得するための Webhook を作成する際に使用できます。新しいイベントは IssueLinkCreatedEvent および IssueLinkDeletedEvent です。また、Webhook に使用する場合は、issuelink_created および issuelink_deleted カテゴリを使用します。詳細については、「Webhooks 」を参照してください。

新しい言語に対応した構文の強調表示

25 以上の言語に関する構文の強調表示機能が追加されました。記述されている言語が Python、C++、または Ruby であっても、より視覚的に表示されます。強調表示はテキスト エディターを使用するすべてのフィールドで有効です。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ