Atlassian Summit 2017 : 総括

2017-10-06 (Fri)  •  By 伊藤  •  イベント  •  Atlassian Summit 翻訳

今回の記事は、ゴーツーグループ ブログ (英語版)「Most important takeaways from Atlassian Summit 2017 (USA) 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

はじめに

先週開催された Atlassian Summit U.S. 2017 に参加された方は、その有用な情報の多さに圧倒されたかもしれません。組織を円滑に運営する方法、コミュニケーションを改善する方法、そして効率を引き上げる方法についてご覧になったことでしょう。参加されなかった方は何を見逃したのか興味があるかもしれませんね。

今回のブログ記事では、このイベントで最も重要と思われる事項をおさらいします。

#01

アトラシアンは自社の企業ロゴと製品のブランド戦略を変更しました。この意味ですが、アトラシアンはコミュニケーションとコラボレーションに焦点を当てていることを世界に発信するためのです。アトラシアンの共同創立者兼 CEO の Mike Cannon-Brookes 氏によると、企業ロゴは「将来の好機を反映している」とのこと。また、新しくなった製品ロゴは、製品の特長と他製品との関係を表しているそうです。

#02

今回のサミットで Trello がお披露目されました。Trello はコラボレーションに便利なツールです。Trello はアトラシアン製品と統合可能で、かつ、複数デバイスに対応しています (Web、モバイル、スマート ウオッチ、ならびにタブレット)。組織やグループで利用可能なコミュニケーション ツールです。さらには多忙な個人間のコミュニケーションの改善にも使用されています。

#03

サーバー製品、ならびに Data Center 製品に関して数多くの改善が行われました。

  • アジャイル プラクティスの規模の拡大
  • 大規模な DevOps の実践
  • コア インフラストラクチャの改善
  • プロジェクト レベル管理機能の追加 (これにより、グローバル管理者権限を付与すべきユーザーの数を削減できます)

#04

アトラシアンは Identity Manager を Atlassian Cloud に追加します。

#05

Bitbucket に以下の 3 つの新機能が追加されました。

  • サービス コンテナ
  • ビルド&プッシュ
  • マルチ ステップへの対応

#06

Jira Service Desk は要望の多かった機能への対応がなされました。

  • ページの外観を簡単に変更可能なデザイン機能
  • 国際化に対応したポータル

#07

Atlassian Teamwork Forum がアナウンスされました。これは全製品を対象としたフォーラムで、ユーザーが組織の内外のユーザーと効率的にコラボレーションを行えます。

#08

Stride がサミットの製品基調講演で公開されました。Stride はユーザー同士でのメッセージの送受信を行うためのツールです。クロス プラットフォームでイベント (打ち合わせ) を行ったり、コラボレーション ツールとしても利用したりできます。

#09

弊社顧客によるプレゼンテーションについても述べておきます。

  • Bluescape 社のソフトウェア品質管理部門のディレクターであるVladimir Belorusets 氏は、「Jira Software テスト管理ソリューションの選択」という題で発表を行いました。このプレゼンテーションの中で、Jira はそのままではテスト管理のための課題タイプを実装していないと彼は指摘しました。その結果、ユーザーがテスト管理との統合を行いたい場合、テスト管理機能を持つアドオンを選択する必要があります。Vladimir 氏のプレゼンテーションでは、Bluescape 社が必要としたテスト管理機能を実装する Go2Group Synapse RT アドオンを使用した事例が取り上げられました。
  • IGT 社のソフトウェア品質管理部門のディレクターの Madhu Prakhya 氏は、「複雑な組織変更と包括的なソリューションの選択」という題で発表を行いました。このプレゼンテーションの中で Madhu 氏は、環境の変化への理解を困難にしている原因は、市場の変化、ダイナミクスの変化、そして新しいソリューションであると指摘しました。そして IGT 社では、どのように環境の変化を容易に管理できるツールを選択したのか、そして、それをどのように実装したのかについて解説しました。

どちらのプレゼンテーションも弊社の YouTube チャンネルで近日公開予定です (https://www.youtube.com/go2group )。

最後に

ゴーツーグループ チームは弊社製品とサービスに関する数えきれないほどの質問に対応しました。弊社のアプリケーション統合プラットフォーム ConnectALL の製品デモを行いました。また、DevOps およびアジャイル向けデータ アクセス ツールである ConnectALL Insights についても製品デモを行いました。

今回ご紹介した項目がすべてではありません。これら以外にもたくさんの有用な情報がサミットで得ることができました。ゴーツーグループはアトラシアン プラチナ ソリューション パートナー/アトラシアン エンタープライズ ソリューション パートナーです。弊社エキスパートはサミットにおけるアナウンス、アップデート、新製品を慎重に評価しています。DevOps、アジャイル開発、ならびに弊社サービスの詳細については、お気軽にお問い合わせください。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ