Confluence 6.5 リリース ノート

2017-11-02 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Confluence リリース ノート 翻訳

本記事は、Confluence 管理ドキュメント「Confluence 6.5 Release Notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2017 年 11 月 01 日

Confluence 6.5 の公開をお知らせします。

注目点

  • サイトをきちんとした状態に保つ
  • 大きな影響を及ぼす小さな変更
  • Data Center に関する改善
  • 解決した課題
  • アップグレードに関する準備

その他

このリリースに関する重要な情報については、「Confluence 6.5 アップグレード ノート」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。

サイトをきちんとした状態に保つ

Confluence の導入準備を進めている場合やしばらく Confluence から遠ざかっていた場合でも、Confluence を円滑にに管理できるようになりました。

今回のリリースでは、Confluence サイトのセットアップと管理方法の改善に注力されています。

データベースのセットアップがより容易に

データベースの初期セットアップを適切に行うことは、長期に渡り Confluence に大きな影響を及ぼします。Confluence を初めてセットアップする場合、以下が表示されるようになりました。

  • データベースへの接続を支援するための簡単なフォーム
  • 処理を進める前に設定が正しいことを確認するためのテスト接続ボタン (データベースの照合順序、文字エンコード、分離レベル、および権限など)
  • 起動時に追加パラメーターを含めるために接続文字列を使用するオプション

新しい管理者の負担を減らすために、Confluence が Tomcat 構成にデータソースを検出した場合のみデータソースを使用するオプションが表示されます。

これら変更は既存インストレーションには何ら影響を及ぼしませんが、初めてでも新しい管理者がデータベースを正しくセットアップし、将来的な問題を回避するのに役立ちます。

問題が発生した際の支援

Confluence の管理をある程度行っている方は Confluence が起動に失敗した際に表示される黄色いエラーを見たことがあるかも知れません。そのエラー メッセージが廃止され、エラー画面がアップデートされました。Confluence が稼働していないこと、さらに重要なこととしてその理由をより容易に確認できます。

問題が発生した際にそれを解決するための追加の情報など、さらなる改善を計画しています。今後のいくつかのリリースをお楽しみに。

最新情報を共有するためのアトラシアン通知

Confluence サイトを適切に保つ方法の 1 つは定期的にアップグレードすることです。

新しいアトラシアン通知システム アドオンは、アプリ内ターゲット通知を Confluence 上で提供します。これら通知は主に管理者を対象としており、新しい Confluence バージョンや次回のライセンス更新などの情報が含まれています。

これら通知を無効化するには、歯車 アイコンから [アドオン] オプションを選択し、Atlassian Notifications を検索してください。

大きな影響を及ぼす小さな変更

小さな改善があなたの日常に大きな影響を及ぼす場合があります。

より多くの場所でのメール スレッド

メール通知を単一スレッドや会話で確認することで Confluence 上でのチームのアクティビティをより簡単に把握できます。Confluence のメール スレッドが改善され、ページの編集、いいね、およびコメントに関する通知はグループ化されるようになりました。

ページの共有、メンション、ページ アクセスのリクエスト、お勧めの更新メールなど、いくつかの通知はメール ボックスで目立つようにグループ化されません。

スレッド化されていないビューとスレッド化されているビューでは、通知は以下のように表示されます。

添付ファイルのインデックス処理のパフォーマンス

弊社は Confluence のパフォーマンスの改善を継続しています。今回のリリースでは、添付ファイルのインデックス処理が可能な限り効率的に行われるように注力しました。これら変更はサイトのインデックス再作成の時間短縮にも繋がります。お使いのサイトでこの変更が及ぼす影響については、「Confluence 6.5 アップグレード ノート」を参照してください。

Data Center に関する改善

Data Center をお使いの場合、Confluence 6.5 は大きな影響があります。

Data Center の Synchrony が容易に

Synchrony の開始と停止を支援する簡単なスクリプト セットを Confluence Data Center インスタンス用に用意しました。

新しいスクリプトは Confluence の <install-directory>/bin/synchrony ディレクトリに含まれています。このスクリプトを Synchrony ノードに移動し、自分の環境に合わせて値を挿入します。準備はそれだけです。

Confluence Data Center を Linux 環境で稼働している場合は、Synchrony をサービスとして実行するオプションが用意されています。

詳細については、「Configuring Synchrony for Data Center 」を参照してください。

Data Center 用 Azure 配置オプション

新しい Azure 配置テンプレートをお試しいただけます。このテンプレートは、新しい Confluence Data Center クラスターを Microsoft Azure 上で使用できるように自動化されています。詳細については、「Getting started with Confluence Data Center on Azure 」を参照してください。

Azure marketplace へのアプリなど、弊社がやるべきことはまだあります。しかし、ぜひフィードバックをお聞かせください。感想を課題として 起票 してください。

解決した課題

修正された不具合、ならびに解決した提案の詳細については、JIRA を参照してください。

アップグレードに関する準備

アップグレードを行う前に、本リリースに関する重要な変更を「Confluence 6.5 アップグレード ノート」で確認してください。次に、通常のアップグレード手順 に従ってお使いの Confluence をアップグレードしてください。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ