Jira Software 7.6.x リリース ノート

2017-11-16 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Enterprise Release JIRA Software リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Jira Software 管理ドキュメント「Jira Software 7.6.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2017 年 11 月 16 日

Jira Software 7.6 のリリースをお知らせします。

注目点

  • 優先度を持つことは良いことだ
  • JMX を使用したライブ監視
  • あなたを幸せにするささやかな改善
  • 解決した課題

その他

このリリースに関する重要な情報については、「Jira Software 7.6.x アップグレード ノート」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。

Responsive image

Jira Software 7.6 はエンタープライズ リリースです

つまり、重要なセキュリティ、安定性、データ整合性、およびパフォーマンスの問題に対処するために 7.6 が EOL を迎えるまでバグの修正リリースが提供されます。

詳細については、「アトラシアンのバグの修正ポリシー 」および「セキュリティに関するバグの修正ポリシー 」を参照してください。

優先度を持つことは良いことだ

同じプロジェクトはふたつとしてありません。また、どのチームも異なる方法で問題解決に取り組んでいます。このことを念頭に、優先度に新しいアプローチを導入することで Jira Software を活用するチームの多様性に対応しました。優先度スキームを使用することでプロジェクトごとに異なる優先度を選択できます。

優先度スキームはマッピングと同様に機能します。一方では優先度を選択し、他方ではそれを使用するプロジェクトを選択します。1 つのスキームを複数のプロジェクトで再利用できます。必要に応じて好きなだけ作成することも可能です。これはあなたの決断にお任せします。

詳細については、「優先度スキーム 」を参照してください。

JMX を使用したライブ監視

JMX を使用することで Jira インスタンスのリアルタイム監視を行えます。MBeans と呼ばれるオブジェクトを使用することでアプリケーションに関するデータとリソースを表示します。Jira が処理しなければならないリクエスト数、合計応答時間、ライセンス詳細、さらにはユーザーが作成した課題の総数を確認できます。

これにより、リソースの最適化やインスタンスに関して悩まされている問題の解決の際により良い決断を下すことができます。

詳細については、「JMX インターフェイスを使用したライブ監視 」を参照してください。

あなたを幸せにするささやかな改善

サブタスクをドラッグ アンド ドロップ

今までサブタスクを並べ替える唯一の方法は、上向き矢印アイコンと下向き矢印アイコンを使用することでした。これはとても面倒でした。サブタスクの一覧が長い場合は特に (弊社はユーザーからのフィードバックに耳を傾け、実際にこれを試してみました!)。これからは、サブタスクを一覧上の任意の場所にドラッグ アンド ドロップできます。節約した時間をもっと有意義なタスクに使用してください。

列間での課題の移動

先に試してからお聞きください。列間 (To Do、In Progress、その他) での課題カードの移動方法が改善されました。弊社はこれを「楽観的な遷移」と呼んでいます。その理由ですが、課題を対象となる列に即座に移動し、その後、その移動が妥当であるかを確認するからです (今まではこの順番が逆でした)。これは小さな変更です。しかし、大規模インスタンスでは課題は移動先の列にずっと早く表示されます。ほぼ瞬時に。

X-Frame-Option でセキュリティの強化

クリックジャッキングについて馴染みがない方のために説明すると、これはユーザーを騙して意図しないクリックを誘導する悪意のある手法です。これを防止するためのセキュリティ ヘッダー (X-Frame-Option および CSP) が導入されました。これにより、埋め込みはブロックされるか、または埋め込みを行うためには追加の規則が要求されます。詳細を確認する。

パフォーマンスおよび安定性に関する修正

修正はいずれも素晴らしいものです。しかし、各リリースで導入される通常の修正に加え、今回は Jira Server および Jira Data Center の両方のパフォーマンスおよび安定性を向上する修正に注力しました。以下はその一覧です。

解決した課題


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ