Confluence 6.9 リリース ノート

2018-05-08 (Tue)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Confluence リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Confluence 管理ドキュメント「Confluence 6.9 Release Notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2018 年 05 月 08 日

Confluence 6.9 のリリースをお知らせします。

注目点

  • Confluence Server モバイル アプリをリリース
  • 編集エクスペリエンスに関するさらなるコントロール
  • IPv6 への対応
  • プロキシと HTTPS のセットアップがよりシンプルに
  • Confluence に関するその他のこと
  • 解決した課題
  • アップグレードの準備

その他

このリリースに関する重要な情報については、「Confluence 6.9 アップグレード ノート 」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。

編集エクスペリエンスに関するさらなるコントロール

数多くのチームが共同編集機能を活用し、今まで以上にコラボレーションを行っています。これはとても素晴らしいことです。ユーザーからのフィードバックに基づき、弊社はエディターのフッターにいくつかの変更を適用しました。新しい省略記号 (•••) アイコンには、以下のオプションが用意されています。

  • ページをプレビューする
  • そのページが最後に公開されてからのすべての変更を表示する
  • 最後に公開されたバージョンを復元する
  • ページを削除する (そのページが未公開の場合)

[Close (閉じる)] ボタンをクリックした際、変更の保存や破棄に関して聞かれることはなくなりました。その理由は、多くのユーザーにとってこれは分かりにくかったためです。今後、変更は常に保存されます。

[•••] アイコンから [Revert to last published version (最後に公開されたバージョンを復元)] オプションを選択することでいつでも変更を破棄できます。

IPv6 への対応

Confluence を IPv6 環境で稼働できるようになりました。詳細については、「Confluence 6.9 アップグレード ノート 」を参照してください。

プロキシと HTTPS のセットアップがよりシンプルに

多くのユーザーがリバース プロキシの内側で Confluence を稼働することを選択しています。また、多くの場合は HTTPS を有効にしています。セットアップと構成をより簡単にするために server.xml ファイルにサンプル コネクターが追加されました。以下のコネクターが用意されています。

  • リバース プロキシを経由しない HTTP 接続 (既定)
  • リバース プロキシを経由した HTTP 接続
  • リバース プロキシを経由しない HTTPS 接続
  • リバース プロキシを経由した HTTPS 接続

セットアップがよりシンプルになりました。初めての場合でも適切な設定をより簡単に行えます。

Confluence に関するその他のこと

あなたのチームは Team Calendars for Confluence アプリを使用していますか? あなたのチームに気に入ってもらえるいくつかの素晴らしい新機能が追加されました。

Team Calendars for Confluence とは

Team Calendars for Confluence は Confluence Server および Confluence Data Center 用のアプリ (アドオン) です。ユーザー個別のカレンダーはチームでの利用には向いていないため、チーム メンバーの休暇の管理、Jira Software プロジェクトの追跡、およびイベントの計画に関する信頼できる唯一の情報源としてこのアプリを活用できます。

CalDAV 同期

これはユーザーが待ち望んでいた機能です。Team Calendars が CalDAV に対応しました。つまり、 CalDAV をサポートするカレンダー アプリでカレンダーを購読した場合、そのカレンダー上でイベントの閲覧や更新を行えます。例えば、Team Calendar と Outlook を同期している場合、Outlook 上で新しいイベントの追加や既存のイベントの更新を行えます。

詳細については、「Team Calendars 6.0 Release Notes 」を参照してください。

繰り返しイベントの設定がより柔軟に

Team Calendars for Confluence 5.5 で導入された変更により、定例のチーム イベントのセットアップが簡単になりました。以下のイベントをセットアップできます。

  • 毎週、特定の曜日に繰り返し行うイベント (例 : 毎週火曜日と木曜日)
  • 毎月、特定の曜日に繰り返し行うイベント (例 : 毎月第 2 水曜日)
  • 特定の曜日ではなく、指定した回数後に繰り返しを中止する

詳細については、「Team Calendars 5.5.0 Release Notes 」を参照してください。

今すぐ Team Calendars を更新

これらすべての機能は Team Calendars for Confluence 6.0 で利用できます。アップグレードを行うには、歯車アイコンから [Add-ons (アドオン)] メニューを選択し、そして [Team Calendars] オプションを選択します。その後、[Upgrade (アップグレード)] ボタンをクリックします。先に Confluence をアップグレードする必要はありません。

解決した課題

アップグレードへの準備

アップグレードを行う前に、本リリースに関する重要な変更を「Confluence 6.9 アップグレード ノート 」で確認してください。次に、通常のアップグレード手順 に従ってお使いの Confluence をアップグレードしてください。

謝辞

素晴らしい顧客の皆さまへ…

あなた方は Confluence の改善に重要な役割を担っています。弊社のインタビューにご協力いただいた方や、提案、投票、およびバグの報告 をしてくださった方に感謝いたします。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ