Jira Core 7.10.x リリース ノート

2018-05-31 (Thu)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA Core リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Jira Core 管理ドキュメント「Jira Core 7.10.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2018 年 05 月 29 日

Jira Core 7.10 のリリースをお知らせします。

注目点

  • 新しいルック アンド フィールの導入
  • プロジェクト ページの再設計
  • Jira と Stride の統合
  • あなたを幸せにするささやかな改善
  • 解決した課題

その他

最新バージョンに関心がありますか? 有効なソフトウェア保守の更新をお忘れなく。今すぐ更新してください。

このリリースに関する重要な情報については、「Jira Core 7.10.x アップグレード ノート 」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。その他のリリース ノートをお探しの場合は以下を参照してください。

新しいルック アンド フィールの導入

Jira のルック アンド フィールに対して第 1 弾の変更が適用されました。今回のリリースでは、もっとも頻繁に使用される画面、配色、タイポグラフィ、ならびにアイコンが更新されています。具体例については、以下のスクリーンショットを参照してください。

Cloud 版製品とは異なり、ナビゲーションには変更がありません。つまり、あなたのお気に入りの機能は今までと同じ場所に配置されています。今後の数回のリリースにおいて、Jira のルック アンド フィールに関する今回のような更新を予定しています。

プロジェクト ページの再設計

Jira 管理者の操作感を改善するためにプロジェクト ページにいくつかの変更が適用されました。延々と続く一覧でプロジェクトを表示することに別れを告げ、ページネーションと検索バーが導入されています。すべてはプロジェクトの閲覧を容易にするためです。また、パフォーマンスの点でも改善されています。

この画面を確認するには、[Administration (管理)] 画面の [Projects (プロジェクト)] タブをクリックしてください。

Jira と Stride の統合

Stride 開発チームは、Jira からの通知を直接 Stride 上のルームや会話に送信するアドオンを公開しました。あなたのチームは取り組んで切るタスクに関してより多くの洞察を得られます。また、Stride 上での会話を中断することなく、プロジェクトの最新情報を取得できます。詳細については、「Jira Server Notifications for Stride 」を参照してください。

あなたを幸せにするささやかな改善

監査ログにおける新しいイベント

新しい課題タイプを作成したユーザー、ならびにグローバル設定の 1 つである “Allow unassigned issues (未割当て課題を許可)” を有効化/無効化したユーザーを確認できるようになりました。

ラベルの大文字と小文字の区別を廃止

大文字と小文字の異なる組み合わせを持つラベル (cudbearCUDBEAR) は、引き続き別エンティティとして Jira 上に存在します。しかし、同じラベルとして扱われるようになりました。cudbear をラベルとして持つ課題と CUDBEAR をラベルを持つ課題がある場合、これらラベルのいずれかをクリック (または検索) した際に両方の課題が表示されます。また、大文字と小文字が区別されることなく、一致するラベルは すべて オートコンプリートで提案されるようになりました。したがって重複したラベルを作成することはありません。この機能に関する機能改善リクエストについては、「JRASERVER-24907 : labels should be case insensitive 」を参照してください。

解決した課題


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ