Jira Service Desk 3.13.x リリース ノート

2018-05-30 (Wed)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  JIRA Service Desk リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Jira Service Desk 管理ドキュメント「Jira Service Desk 3.13.x release notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2018 年 05 月 29 日

Jira Service Desk チームから Jira service Desk 3.13 のリリースをお知らせします。

注目点

  • 設定ガイドを公開
  • 小さな修正で大きな効果
  • ドキュメントの改善に関する協力のお願い
  • プロジェクトのアーカイブ処理の準備
  • 解決した課題
  • 謝辞

その他

このリリースに関する重要な情報については、「Jira Service Desk 3.13.x アップグレード ノート 」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。

最新バージョンに関心がありますか? 有効なソフトウェア保守の更新をお忘れなく。今すぐ更新してください。

設定ガイドを公開

あなたのソフトウェア開発チームは Jira Service Desk を使用していますか? 貴社のサービス デスクの詳細な設定をお手伝いするために、弊社は “ベスト プラクティス ガイド” を公開しました。これにより、開発者、顧客、およびエージェントはよりスマートに協働できます。

取り上げられている内容は、以下のとおりです。

  • カスタマー サービスをセットアップする方法
  • カスタマーからバグ レポートを効果的に収集する方法
  • Jira Service Desk のバグ レポート ワークフローをカスタマイズする方法
  • Jira Service Desk 上の課題を他の Jira チームとコラボレーションする方法
  • Jira Service Desk 上の課題を他の Jira チームにエスカレーションする方法

詳細については、「Best practices for software teams using Jira Service Desk 」を参照してください。

小さな修正で大きな効果

最も投票数を集めた不具合を修正

課題を作成する際に特別な “カスタム フィールド” を追加することで、エージェントは組織内の他ユーザーとリクエストを共有できます。Jira Service Desk はこのクールな機能を 実装しています。しかし、本来は表示されるべき [Organizations (組織)] フィールドが表示されない理由について、サービス デスク エージェントは頭を悩ませてきました。

弊社はこの不具合を修正しました。エージェントは課題上に [Organizations (組織)] フィールドを表示できます。このフィールドを追加するには、小さなチェック ボックスを選択するだけです。

監査ログにおける新しいイベント

事業年度の終わりが足早に近づくにつれ、我々は監査が気になります。新しい課題タイプを作成したユーザー、ならびにグローバル設定の 1 つである “Allow unassigned issues (未割当て課題を許可)” を有効化/無効化したユーザーを確認できるようになりました。

ドキュメントの改善に関する協力のお願い

アトラシアンのテクニカル ライターはドキュメントの改善に努めています。適切なコンテンツを適切なタイミングを提供することでユーザーの役に立つことを目指しています。しかし、もっと良い方法があります。

問題のあるページ、失われたページ、またはあなたが印刷して冷蔵庫に貼り付けた素晴らしいページがある場合、弊社にそれをお知らせください。Jira Service Desk Server ドキュメント を開き、任意のページの下部にあるダイアログを使用して弊社に感想をお聞かせください。

プロジェクトのアーカイブ処理の準備

大規模チームは数多くのプロジェクトを抱えていることが良くあります。そして、それらプロジェクトを Jira インスタンス上に乱雑に放置しておくと検索速度の低下につながります。

シリーズ製品である Jira Software と Jira Core にはすでに実装されていますが、近日中にも Jira Service Desk にもプロジェクトのアーカイブ機能が発表される予定です。皆様により良い利用体験をお届けできるよう、弊社は一生懸命に努力しています。

解決した課題

謝辞

素晴らしい顧客の皆さまへ…

あなた方は Jira Service Desk の改善に重要な役割を担っています。弊社のインタビューにご協力いただいた方や、提案、投票、およびバグの報告 をしてくださった方に感謝いたします。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ