Confluence 6.11 リリース ノート

2018-08-14 (Tue)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Confluence リリース ノート 翻訳

今回の記事は、Confluence 管理ドキュメント「Confluence 6.10 Release Notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

2018 年 08 月 14 日

Confluence 6.11 のリリースをお知らせします。

注目点

  • ファイル編集方法の改善
  • サポート Zip の生成がより容易に
  • サポート対象データベースの追加
  • 解決した課題
  • アップグレードの準備

その他

今回のリリースに関する重要な情報については、「Confluence 6.11 アップグレード ノート 」を参照してください。また、解決した 課題の全一覧 も参照してください。

ファイル編集方法の改善

チームと共有や話し合いをするために、すでに Confluence では さまざまな種類のファイルをアップロード できます。今回のリリースではファイルの変更方法がより容易になりました。ファイルを何度もダウンロード/アップロードする必要はありません。

デスクトップ アプリケーションを使用することで、Confluence ページに添付されている任意のファイルを編集できます。また、ファイルを保存して Confluence に戻すことも数クリックで可能です。利用可能なのは Microsoft Office 文書だけではありません。Photoshop ファイルや Keynote プレゼンテーションなど、添付ファイルと互換性のあるアプリケーションがお使いの端末にインストールされていれば、それらすべてが対象となります。

この機能は、いくつかの面倒な制限を持つ Edit in Office 機能を置き換えるものです。Edit in Office 機能は、Microsoft Office 文書に限定されており、かつ、適切な Web ブラウザー、オペレーティング システム、ならびにアプリケーションの組み合わせで可動している場合にのみ動作するものでした。

詳細については、弊社ドキュメントの「Edit Files 」を参照してください。

サポート Zip の生成がより容易に

サポート Zip をサイトから作成する方法がより簡単になりました。新しい REST API により、サポート Zip を生成したり、さらにその Zip ファイルをリモートでダウンロードしたりできます。お使いの Data Center クラスターの複数のノードからサポート Zip を生成することも単一のリクエストで可能です。

この API により、あなたが問題を検証する際に大幅な時間の節約につながることを期待しています。また、サポート Zip 生成を自動化することも可能です。REST 経由でサポート Zip を生成する方法については、「Create a support zip using the REST API in Data Center applications 」を参照してください。

サポート対象データベースの追加

今回のリリースでは、以下のデータベースがサポート対象となりました。

  • Oracle 12c Release 2 (12.2.x)
  • Microsoft SQL Server 2017

解決した課題

アップグレードへの準備

アップグレードを行う前に、今回のリリースに関する重要な変更を「Confluence 6.11 アップグレード ノート 」で確認してください。次に、通常のアップグレード手順 に従ってお使いの Confluence をアップグレードしてください。

謝辞

素晴らしい顧客の皆さまへ…

あなた方は Confluence の改善に重要な役割を担っています。弊社のインタビューにご協力いただいた方や、提案、投票、およびバグの報告 をしてくださった方に感謝いたします。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ