Confluence 6.11 アップグレード ノート

2018-08-14 (Tue)  •  By 伊藤  •  ドキュメント  •  Confluence アップグレード ノート 翻訳

今回の記事は、Confluence 管理ドキュメント「Confluence 6.11 Upgrade Notes 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

このページには Confluence 6.11 へのアップグレードに関する重要な注意点が記載されています。今回のリリースに関する新しい機能および改善点の詳細については、「Confluence 6.11 リリース ノート」を参照してください。

アップグレード ノート

Confluence 6 はメジャー アップグレードです

Confluence 5.x からアップグレードを行う場合は、アップグレード ノートを熟読してください。また、完全バックアップを作成し、検証環境でアップグレードのテストを行ってから本番環境をアップグレードしてください。

新しいファイル編集機能への準備

今回のリリースでは、ファイルの編集に関する新しい機能が導入されています。ユーザーは、Confluence に添付された任意のファイルを編集できるようになりました。その際、端末にインストールされた、そのファイル タイプに紐づくデフォルトのデスクトップ アプリケーションが使用されます。保存後、ファイルは新しいバージョンとして自動的に Confluence に再アップロードされます。

Edit in Office 機能に関する変更

この機能は、いくつかの面倒な制限を持つ Edit in Office 機能を置き換えるものです。Edit in Office 機能は、Microsoft Office 文書に限定されており、かつ、適切な Web ブラウザー、オペレーティング システム、ならびにアプリケーションの組み合わせで可動している場合にのみ動作するものでした。

現在、ユーザーが Edit in Office 機能を使用して作業を行っている場合、新しい Edit Files (ファイル編集) 機能を使用するように案内してください。

アトラシアン コンパニオン アプリのインストール

編集を行えるようにするには、ユーザーはアトラシアン コンパニオン アプリのダウンロードとインストールを行い、バックグラウンドで稼働させておく必要があります。コンパニオン アプリの詳細については、ドキュメント「Edit Files (ファイル編集)」を参照してください。

今回のリリースには、アトラシアン コンパニオン アプリのインストーラーは含まれていません。将来的にはバンドルされる可能性もあります。

ユーザーが自身でアプリケーションをインストールできない場合、アプリを配布することもできます。今すぐ Mac 用または Windows 用をダウンロードしてください。

注意 : Edit Files (ファイル編集) オプションは、ターミナル サーバー環境では動作しません。例えば、Windows Remote Desktop Services を使用している場合などです。これについては、将来的に可能になるかもしれません。詳細については、CONFSERVER-56302 を参照してください。

PDF エクスポートにおけるテーブルと画像のサイズ変更に関する変更

テーブルを含むページをエクスポートする際、テーブル全体がページにフィットするよう、そのテーブルの列幅は可能な限り縮小します (通常の Confluence ページは A4/US レター サイズよりも広いことが多いため)。

従来、テーブルがサイズ変更される際に画像のサイズも変更されていました。しかし、これが原因で小さな画像も予期せずにサイズ変更されてしまいました。テーブル セル内の画像のサイズを変更する代わりに、エディターのサイズ設定を使用するようになりました。つまり、テーブル内の画像が PDF ページの幅を超えている場合、そのテーブルの一部が切り取られることがあります。推奨される回避策については、「Wide tables are cut off in PDF exports in Confluence 」を参照してください。

Data Center ではスケジュール化された XML バックアップが無効に

Confluence のスケジュール化された XML バックアップは大規模サイトでは停止の原因になることが知られています。Data Center ライセンスをお持ちの場合、Confluence 6.11 にアップグレードした際にスケジュール化された XML バックアップ ジョブは無効になります。

Server および Data Center サイトでは、信頼性の高いバックアップ戦略を立てることが重要です。XML サイト エクスポートに頼るのではなく、データベース、インストール ディレクトリ、ローカル ホーム ディレクトリ、および共有ホーム ディレクトリを定期的にバックアップすることをお勧めします。

新しい診断情報を間もなく実装

Confluence 6.11 にアップグレードした後、アプリケーション ログ、および新しい atlassian-diagnostics.log ファイル (このファイルもサポート Zip に含まれます) にいくつかの新しいメッセージが含まれている場合があります。これは、弊社が現在取り組んでいる新しい診断情報に関連するものです。メモリやディスク容量が不足する場合、HTTP 要求が遅い場合、タスクの実行やマクロのレンダリングに時間がかかる場合などです。今のところ、これらメッセージに対してアクションを取る必要はありません。

しきい値の微調整を行い、この診断情報に関するUI を実装することを今後の Confluence リリースで予定しています。

サポート対象プラットフォームに関する変更

今回のリリースでは、以下のプラットフォームに対応しました。

  • Oracle 12c Release 2 (12.2.x) への対応を追加しました
  • Microsoft SQL Server 2017 への対応を追加しました

アップグレード後の構成ファイルの更新

server.xmlsetenv.bat/setenv.sh、および confluenceinit.properties などの構成ファイルのコンテンツは、時々変更されます。

アップグレードの際、これらファイル (プロキシ構成、データーソース、JVM パラメーターなど) へのすべての追加を 手動で再適用する ことを推奨します。それらファイルを既存のインストレーションから取得したファイルで上書きしないでください。さもないと弊社が適用した改善点を失うことになります。

h4>Confluence 5.x からアップグレードする場合

共同編集機能は Synchrony を利用して実現しています。Confluence サーバーをインストールする際、Synchrony はサーバー上の別プロセスとして実行するように構成されます。

Confluence 5.x からアップグレードする場合、注意すべき点がいくつかあります。

  • メモリおよび CPU : 従来の Confluence リリースに比べ、サーバーにより多くのリソースを割り当てる必要があります。Confluence をインストールする際、Synchrony (共同編集機能には必要です) はサーバー上の別プロセスとして実行するように構成されます。Synchrony の最大ヒープ サイズの既定値は 1GB です (これは Confluence の要件とは別です)。
  • WebSockets : 共同編集機能は WebSockets で最適に動作します。お使いのファイアウォール/プロキシが WebSocket 接続を許可するように設定してください。
  • SSL Termination : ロード バランサー、プロキシ サーバー、またはゲートウェイで終了するように SSL を設定してください。その理由ですが、Synchrony は HTTPS の直接接続をサポートしていないためです。
  • データベース ドライバー : サポートされているデータベース ドライバーを必ず使用してください。サポートされていないドライバー、またはカスタム JDBC ドライバー (または JNDI データベース接続の場合は driverClassName) を使用している場合、共同編集機能はエラーを引き起こします。サポートされているドライバーの一覧については、「Database JDBC Drivers 」を参照してください。
  • データベース接続プール : Confluence と Synchrony の両方をサポートするために、お使いのデータベースに十分な接続を許可してください (最大プール サイズの既定値は 15 です)。

インフラストラクチャの変更

開発者の方へ

変更に関する詳細については、「Preparing for Confluence 6.10 」を参照してください。

サポート終了のお知らせ

変更はありません。

既知の問題

アップグレード手順

注意 : 最初に検証環境をアップグレードしてください。検証環境でアップグレードのテストを行った後に本番環境での作業を行ってください。

すでに Confluence をお使いの場合、以下の指示に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. 歯車アイコン > General Configurations (一般設定) > Support Tools (サポート ツール) > Health Check (ヘルス チェック) の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース セットアップ、その他を確認します。
  2. アップグレード前にインストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、ならびにデータベースのバックアップを作成することを強くお勧めします。
  3. お使いの Confluence がバージョン 6.5 よりも古い場合、そのバージョンと最新バージョン間の すべてのリリース に関する リリース ノートおよびアップグレード ノート を参照してください。
  4. 最新バージョンの Confluence を ダウンロード します。
  5. アップグレード ガイド の指示に従います。

Confluence アップグレードに関する既知の問題とトラブルシューティングの確認

Confluence インストレーションのアップグレードに必要な手順を完了した後、「Confluence アップグレード後チェックリスト 」のすべての項目を確認してください。すべてが想定通りであることを確認します。正しく動作していない項目がある場合、以下の Confluence の既知の問題を確認し、トラブルシューティングを試してださい。

  • 既知の問題を確認する。最新バージョンの Confluenceがリリースされた後に問題が発見されることがあります。その場合、Confluence ナレッジベース に既知の問題として情報が公開されます。
  • コミュニティの回答を確認する。他のユーザーが同じ問題を経験している場合があります。Atlassian Answers 上のコミュニティの回答を確認してください。
  • Confluence アップグレード中に問題が発生した場合。Confluence ナレッジベースの「Upgrade Troubleshooting 」のガイドを参照してください。

アップグレード中に問題が発生し、かつそれを解決できない場合は、サポート チケット を作成してください。弊社サポート エンジニアがお手伝いします。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ