新しいパラメーター化機能を実装して synapseRT 9.2 が登場

2018-10-01 (Mon)  •  By 伊藤  •  活用のヒント  •  synapseRT

今回の記事は、ゴーツーグループ ブログ (英語版)「synapseRT 9.2 Is Here with New Parametrization Feature 」の弊社翻訳版です。原文と差異がある場合は、原文の内容が優先されます。

アジャイル ソフトウェア環境においてパラメーター化はとても重要です。アジャイル型組織が発展するに従い、テストは開発ライフサイクルを加速する必要があります。その一方で、顧客の期待を満足するためにソフトウェア品質を高水準に保たなければなりません。

今回リリースされた synapseRT 9.2 では、テストを実行する際にテスト ケース パラメーターを使用できるようになりました。これにより、テスト担当者は同じベースラインのテスト ケースを繰り返し実行できます。その際、テスト ステップ レベルで指定されたタイミングで複数のデータ入力が可能です。テスト ケースを複製する必要がないため、時間を大幅に節約できます。

テスト実行に関するテスト ケース パラメーター

synapseRT 9.2 は、テスト結果を改善するために開発者とテスト担当者が待ち望んでいたものです。QA プロセスをよりシンプルに、より高速に、そしてより効率的にします。

この新しい機能により、テスト チームは以下のことを行えます。

  • 同じテスト ケースを異なるデータ セットで複数回実行する。
  • 再利用可能なテスト データを一元的に保存する。
  • 複数のテスト ケース間でテスト データを共有する。
  • テスト ケースの複製を作成する必要をなくす。
  • より柔軟かつ管理可能なテスト プロセスを作成する。

synapseRT 9.2 におけるテスト パラメーターの使い方を理解するには、「synapseRT 9.2 Release Notes 」を参照してください。ユース ケースの詳細な手順が記載されています。

アジャイル世界におけるテスト パラメーター化 : エラーの削減と開発の高速化のための手掛かり

テスト パラメーター化により、明解かつ管理可能、それでいて柔軟なテスト プロセスの作成がとてもシンプルになります。テスト コマンドを複数のデータ セットで再利用でき、さらには、テスト データを複数のテスト ケース間で共有することも可能です。そのため、パラメーター化は複雑なテスト ケースの管理を簡略化することにとても役立ちます。そして、大幅な時間削減につながります。テストの効率と精度が向上するため、迅速にアジャイルと DevOps の規模を拡大できます。そのため、あなたのチームはより高品質なソフトウェアを素早くデリバリーできます。

synapseRT 9.2 でテスト成果を改善

リリース サイクルがかつてないほど短縮しつつある時代において、ソフトウェアを市場にリリースする際にそのソフトウェア品質を確実に最適化するためには、効率的なテスト管理プロセスはとても重要です。適切なツールで正しく実行された場合、テスト管理は効率を改善し、テスト プロセスの無駄を省き、テストの速度と品質を最適化する最善の方法です。synapseRT 9.2 は、テスト管理のすべての側面を取り扱うために設計された動的かつ信頼性の高いツールです。

あなたの組織にとって synapseRT には以下の利点があります。

  • 柔軟性と操作性を備えています。
  • 追跡機能を効率化します。
  • リアルタイムのレポート作成と統合の自動化を実現します。
  • 開発プロセス間のコラボレーション機能とスケーラビリティを確保します。

synapseRT 9.2 に関する理解を深めたい場合、もしくはあなたのアジャイル テスト チームがその機能を活用してテスト結果を改善する方法について知りたい場合は、ライブ デモをお申込みください。


Related Articles

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ